高齢出産なび

 >高齢出産のリスク


高齢出産のリスクについて知っておきましょう。

sponsored link



高齢出産のリスク

高齢出産のリスクにはどのようなものがあるかご存知でしょうか?

母親の体力的な面を考えた部分と、赤ちゃんの先天性異常です。

出産では非常に体力を消耗します。

また高齢出産のリスクであげられている先天性異常ですが、これはダウン症児が生まれる可能性が、20代での出産と比較したときに高くなるということです。

染色体異常が高齢出産の場合起こりやすくなり、20代では0.1パーセントの確率となっているものが、40代ではその10倍の1パーセントになるからです。

高齢出産のリスクは、血液検査をはじめ出生前検査といわれている羊水検査、絨網採取によって調べることが可能ですが、これらはお腹の赤ちゃんの先天異常がチェックできたとしてもリスクがあります。

この検査でのリスクは流産です。

なので、これまでの家系的な面、そして母親の身体的な面を医師とよく話し合い判断した上で、出生前検査を受けるか否か、判断したほうが良いでしょう。

それに出生前検査を行ったところで、すべての先天異常が分かるわけではありません。
そのため、最近では高齢出産のリスク回避にこの検査を受ける人は減少してきています。

医師に勧められた場合のみ、この検査を受けるようにして、それ以外では、まず日常生活のスタイルを見直したりして、少しでも普通分娩で赤ちゃんを生めるように、努力することも大切です。

sponsored link





妊娠中の歯科治療は大変!
先に歯を治しておきましょう!

歯医者/歯科情報の歯チャンネル
歯医者/歯科情報の歯チャンネル

排卵日を計算して危険日を予測


copyright©  高齢出産なび  All Rights Reserved